ロウソクとトランプ

九星気学でわかる

九星気学に類似、競合する吉凶占いを紹介します。

 九星気学は、生まれた生年月日から九星と干支、陰陽五行を総合した占術です。この占術では、占ってもらう人の誕生日を基軸として、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星のいずれにあたるかを定めます。そして時に応じた吉凶の方位を占います。  方位にも年、月、日、時刻別で九つの星が定められており、それらとの相性によって、吉と判断するか、凶と判断します。  方位の吉凶とは、その人がその時期に移動するに吉か凶かを占うものです。  方位の吉凶を占う観点からすれば、風水や奇門遁甲があります。  風水は、その人の生年月日においてそのような家屋との相性がいいかを見るもので、主に生活空間との相性診断に用いられます。  奇門遁甲は諸葛孔明が用いたとされている中国の戦いにおいて用いられたものなので、あまり一般的ではありません。  生年月日からその人の先天、後天的な運命を占術するものとして有名なのは四柱推命があります。四柱推命は統計学に基づくもので、非常に精度の高い占いとされています。こちらは方位学というよりは運命学といえます。

占いの金額は、占い師や内容等によってまちまちです。

 九星気学においては、自分がどの星に属するかについてはインターネットなどで調べればすぐにわかります。  また、占いたい年日時の星においても簡単にわかりますので、大枠において自分で調べることで方位の吉凶はわかります。  しかしながら、商談の契約、引越し、結婚、等、具体的な諸行事においてその方位がどのような意味を有しているのかについては占い師の判断にゆだねられます。  一般的には今年の運勢全般を占うようですが、金額についても非常に安価な物から数万円レベルまでと幅広いため、一概には言えないのが現状です。  占いについては、当たるか否かについてはもちろんですが、費用についても各人の価値観に対して高いか適しているか判断されるものです。  九星気学においては、吉凶判断よりもその事由や対策が重要となります。  吉凶判断のみであればネットを利用した無料で九星気学診断は可能です。